拡大治療とは|茅ヶ崎で拡大・精密治療の歯科・歯医者なら湘南まつだ歯科医院

拡大治療とは

サージカルルーペによる拡大治療

口の中は非常に小さいです。その小さい口の中を肉眼で治療する場合、一体どこまで見えているのかと疑問に思われたことはありませんか?

肉眼で見た時

ルーペで拡大した時

実は、肉眼と拡大して見た状態とでは、こんなに違いがあるんです。

ちゃんと見えるか見えないかは、治療の精度に大きく影響します。肉眼で見えない部分に虫歯や歯石の取り残しがあると、再治療になってしまうリスクも高まります。

当院では、できるだけ再治療を防ぐために、 すべての患者さまに対してサージカルルーペを使用しています。

様々な治療で活躍する拡大治療

虫歯治療

  • 虫歯の取り残しがなくなる
  • 虫歯と虫歯以外の部分の境目がはっきり分かるので、削る量を最小限にできる
  • 補綴物(詰め物・被せ物)を装着する際、隙間を見逃さないため、補綴物の寿命が延びる

拡大鏡を使うことで、虫歯の再発を防ぐことができ、補綴物もより長持ちするようになります。歯は、治療を重ねれば重ねるほど負担が大きくなり、寿命が縮みます。再治療を減らすことにより、お口の健康寿命を延ばすことにつながります。

根管治療

  • 肉眼では見えない歯の根の部分まで確認しながら治療が行える
  • 治療の成功率が上がり、抜歯しなくてもすむ症例が増える

根管治療が行えるということが、拡大治療最大のメリットとも言えます。根管治療が可能な範囲が広がることにより、抜歯しなければいけない症例が減り、天然歯を残せるようになります。

インプラント治療

  • 0.1ミリ単位で埋入位置や深さを確認できるため、シミュレーション通りに埋入することができる
  • ルーペに付属しているライトにより口腔内がより明るく照らされ、見やすくなる
  • 歯ぐきを切開する範囲を最小限に抑えられる

インプラント治療は外科処置になるため、より精密な治療が求められます。それを可能にするのが、サージカルルーペです。また、拡大できるというだけではなく、付属のライトにより口腔内が明るく照らされることも、インプラント治療においては非常に重要です。

ミニマム・インターベンションという考え方

ミニマム・インターベーションとは、身体への医療行為を最小限にとどめながら最大限の結果を引き出すこと。

当院では、科学的根拠に基づいてどのようにしたら患者さんへの負担を最小限にできるのかを常に考え、患者さんの歯や組織をできるだけ多く保存できるよう努力しています。

本来であれば抜歯が必要な状態であっても、根管治療によって根を残せるようにできるかぎり努めているのです。

ページの先頭へ